0dd27e5aa1e331d19a086e5a4ed24316?1384905564
ethnic0229の平凡にしてカレーなる日々

メグナ(本厚木)

2017/05/12 00:00 趣味

今回の概要


1️⃣本編


メグナ(本厚木)



2️⃣カレーなるレシピ


(前半・レシピ編)

「 人参の塩クミンきんぴら♫弁当の隙間にも」  by  まやチャンさん


(後半・レトルト編)

「エントリーNo⑧ 北本トマトカレー」  by ちぃ兄やんさん



3️⃣つくれぽ感謝&レシピ紹介編


みっくママさん

マーシ☆さん

しまお君さん

MomiMuñozさん

mari♪さん




※かなり長いですので、ご興味がある箇所のスポット読みがオススメです


本編

厚木市内に所用が発生した日、帰りしなにカレーが食べられる店に行くことにした。奇しくも厚木行きの前日に部外のクックパッドユーザーの方から厚木のオススメ店情報が寄せられたりもし、不思議なこともあるものだと思ったりもした。その店に行くことも検討したのだが、ディナーで行くよりもランチで行く方がいいとの触れ込みであったし、体が空くのがディナータイムであったため、断念して別の店に行くことにした。厚木というのは面積が広い町で、車がなければ神奈中バスで移動することになるわけだが、アクセス面の問題も少しあった。


候補店は最終的に2店に絞られたが、結局本厚木駅からのアクセスも悪くない「メグナ」にした。ここは、バングラデッシュ系のお店で、珍しい「ビーフマサラ」がメニューにある店でもある。日本ではビーフカレーなんて普通だが、ヒンドゥー教徒の国インドでは牛肉は禁忌の対象なので、基本的にはインド料理店ではビーフ系のカレーやマサラ(汁気が少なく濃厚なカレー)は食べられない。そこへ行くとイスラム教徒の多いバングラデッシュやパキスタンなどでは、普通に牛肉が食べられているので、そちら系の店ではそれ系のカレーなどに舌鼓を打つことは理屈の上では可能なはずなのだ。だが、実際は店を訪れるインド人客に気を遣って、パキスタンまたはバングラ系の店でも、例えば海老名市にある「ロティ」のように牛肉の入ったメニューを扱わない店も結構ある。日本で本場系のビーフカレーを食べるのも中々に大変なのだ。

おとおどろしい雰囲気で写っているが、厚木という町は、夜になると場所によっては結構怖い雰囲気の場所がチラホラする。実際は、フラッシュの関係でこうなったものと思われるものの、駅から徒歩5分ほどのこの店に来るまでの間にも、一種独特な雰囲気のある場所を通過した。この店に入店した際にも異世界に迷い込んだような感覚が生じた。日本というよりは外国の食堂という感じである。


バングラデッシュご出身の店主に導かれるがままに、窓際の席に陣取った。先客はおらず、退店時まで当方1人。


古色蒼然という感じがしないでもないが、外国に行けば、こんなタイプの食堂はいくらでもある。もちろん、この店には日本的な趣きもある。




メニューは、以下のような感じである。















頼んだのは④から、「Bangladeshi Special Set」(1,790円、税別・以下同じ)。ビーフマサラを食べに来たつもりが、ビーフマサラはあっという間に脇役の一つに。やっぱり色々食べたくなるのは人情というもの。



10分強くらいで、到着。



ちゃんと敷物が敷いてあった。







上が、お目当のビーフマサラ。ご覧のように盛りが少ない。量的にはちょっと残念な感じ。ビーフマサラをきちんと味わいたい場合には、単品注文がよいようだ。味自体はちょっと表現しにくいのだが、かなりスパイシーでかなり美味。ミニサイコロステーキ大の牛肉がチラホラ入っていて、おなじみの牛肉の風味もバッチリ出ている。



豆入りのチキンカレー(ダールチキン)。チキンとチャナダール入り。パプリカ&ガラムマサラのような味で味わい深い。オイリーである。ビーフマサラではなく、こちらの方がメインに据えられている感じ。



ライスは何と、チニグラライスだった。バングラデッシュなどでビリヤニに使われる特別米。日本では手に入りにくい旨を店主に伝えると、わざわざ本国から取り寄せているという。袋入りで開封前の現物を持って来て見せてくれた。風味はバスマティライスに似ているが、粒が大きい。なぜかお冷やご飯だった。




ナンはほんのりバターっぽい風味がして美味。でも、バターではなさそうなんでやはりギーか。中は空洞になっている。




タンドーリチキンは、味わったことのない風味。食紅は薄く、ガラムマサラっぽい風味はせず、バーベキュー感と蒸し焼き感が混在。骨付き肉の食感と風味も楽しめる。



別注文のチャパティ(100円×2)。柔らかく、全粒粉の風味は穏やか。薄力粉を混ぜるタイプのそれか。インドのアタ粉の風味はほぼしないので、ひょっとすると国産の全粒粉の使用しているのかも。




ラッシーはトロッとしている。ローズウォーター入り。


デザートは、ザラメのようにザラザラする砂糖が入っているところに意外性が。そこを除けば普通な味。







十分堪能した。店主はムスリムなのだろう、メニューの中にアルコール関係はなかったが、ビールがあれば頼んでいた(ノンアル飲料はあったが…)。ランチタイムには、かなりお得に食事ができる模様。ビリヤニもある。値段がかなり安かったので、さすがにダム式ではなく炒めるタイプだと思うが、なんとチニグラライスを使用しているとのこと。かなり良心的だ。また来てくれと言われたが、ランチタイムにも是非伺ってみたいものである。




https://tabelog.com/kanagawa/A1408/A140802/14043997/dtlmap/



カレーなるレシピ

(レシピ編)


クミンパウダーやガラムマサラが登場するところにインドっぽさが感じられますが、塩麹が入ることで、和風っぽさも演出され、見事にお弁当にもマッチ。「あと一品」にはもちろん、おつまみとしてもイケそうです。



(レトルト編)


今回は、ちぃ兄やんさんが、高額自腹出費にてご提供下さった貴重なネタであります。お題は、北本トマトカレー。


https://ethnic0229.cookpad-blog.jp/articles/233226



レトルトのふるさとは、埼玉県北本市。人口6万6千人、大雑把に言えば、南に大宮、北に熊谷。高崎線沿線にあり、きちんと言えば北に鴻巣市南に桶川市。江戸時代は宿場町だったところ。この自治体が、最近は「トマトカレー」で、町おこしをやっている模様なのです。


http://tomato-curry.com


ちぃ兄やんさんからは、お味に関しては合格点をいただいたものの、やっぱりお値段の方が張るからリピの方は…とのご感想を賜ってしまったレトルト。ご当地レトルトは、名店レトルト以上に値が張るものが多いような気がします。これも、ご当地レトルトの中では特に高い部類ではないですが、ご当地枠を取り払って単なる「レトルト」としてみた場合はハッキリ高い。お取り寄せの場合、懐かしの「巨泉のクイズダービー」ではないですが、送料で「さらに倍」。


ちぃ兄やんさんもどうやらダービーDAY目掛けて府中競馬場まで遠征されそうなご気配ですが、文字通りダービーで馬券を当てでもしない限り、当方にとってもやはりちょっと手を出しにくい価格帯にそびえ立っているレトルトではあるわけでして。え?競馬やらないでそのお金を回せばおいらにもすぐ買えるですって?お後がよろしいようで。




https://ethnic0229.cookpad-blog.jp/articles/207111



つくれぽ感謝&レシピ紹介編

みっくママさん(後註、部員さんです)から、拙レシピ「チャウミン」と「鶏皮のガラムマサラ炒め」につくれぽをいただきました。ありがとうございます。


チャウミンはカレーのスパイシーさとクミンがいいとのことですが、そうなんです。クミンというのは、体の調子を整える効果のあるスパイスですが、ホールタイプのクミンシードは、インド料理ではスタータースパイスとしても用いられる極めてメジャーなスパイスです。クミンパウダーも汎用性が高く、カレーのルウにもなれば、煎りたてのクミンシードを挽いたものは、サラダにかけたりしても風味抜群です。当然チャウミンにも使えるスパイスです。


鶏皮のガラムマサラ炒めですが、これは食べやすいこともあり、完売しやすいようですね。これからの季節、ビールのアテとしてもいいかもしれません。ご家族にも普通に受け入れていただけて、とても嬉しいです。


こちらのヘルシー感満載の彩り豊かな献立にレシピ料理として加えていただけました。チャウミンは、嬉しいことにメインです!


「*GW最終日の夕食*」

https://cookpad.com/user_kondates/152919

(画像拝借しましたm(_ _)m)


みっくママさん、いつもありがとうございます。



みっくママさんのレシピのご紹介









マーシ☆さんから、拙レシピ「鶏皮のガラムマサラ炒め」につくれぽをいただきました。ありがとうございます。


期間内に2回いただきました。一回は海藻サラダにONで、もう一回は素敵なお皿に盛り付けていただいたのですが、他のユーザーさんの鶏料理に「鶏ガラ」から出た油を転用していただけました。いろいろ工夫して召し上がっていただけてありがたいです。


ご子息様、陸上競技の県大会等で大活躍されていて、素晴らしいなと思います。相当凄いレベルでいらっしゃるんですね。そのご子息様の体調管理に拙レシピが役立てていただけていると思うと、意外ではあるのですが、とても嬉しいです。こちらのブログ記事にもその模様が…。


https://062600ss.cookpad-blog.jp/articles/236314


スポーツ栄養学にお詳しいマーシ☆さんならではの記事で、大変勉強にもなる記事です。当方の2つの汁物レシピと、カレー部期待のルーキー梅乃花おりさんのレシピも載せていただいています。すっかりお褒めにあずかりお恥ずかしいですが、レシピをすごくお上手に生活の中で役立てていただけていて正直すごく嬉しく、クックパッドを続けていてよかったなぁと思えたことでした。


凡々たる日々の中でも本割に近いものがあるカレー店探訪だけは華麗であれかしと常々願っていますし、その延長線上にあるところの拙記事や拙レシピも少しでもご参考になれば嬉しい限りです。今後ともよろしくお願いいたします。


マーシ☆さん、いつもありがとうございます。



マーシ☆さんのレシピのご紹介









しまお君さんから、拙レシピ「濃厚&色鮮やか☆マンゴーラッシー」「ストロベリーラッシー」「レモンラッシー」につくれぽをいただきました。ありがとうございます。


3つのラッシー系レシピに計4つのつくれぽをいただきました。しまお君さんは、つくれぽのコメの中で語りかけて来て下さることがあるので、その際に会話が成立して楽しいです。最近は拙ごはん日記のコメ欄も開いておりますので、お気が向いたら遊びにいらして下さい。


しまお君さんは、カレーは大好きだけれど、普通のカレーしか食べたことがないそうです。うどん県香川には都市部を除いてインドカレー店が少ないようです。無理をされる必要はないかと思いますが、もしインドカレーに興味をお持ちなら、インド・パキスタン・バングラデッシュ系(元からインドである国々)のお店に出くわされた段階で(店頭掲示では判然としなくても、系統の判別は、店舗名を携帯でサクッと検索いただければ容易に可能かと)、入店されてみられるのも面白いかと思います。


ネパール系のお店は、日本人向けアレンジの度合いがキツ過ぎることが多いので、インドカレーの極々基本的なラインナップを知る上ではよいのですが、味そのものに関しては誤解を招きやすく(なんダァ〜全然違うのかと思ったら普通の日本のカレーみたいな感じだし、等々)、初めて行かれる際にはお勧めしかねるのですが、かなりアレンジされている(カレーの種類を問わず、なにかと生クリームトッピングを施しがちな傾向があります)ことを十分ご理解された上で行かれるならいいのかなとも思います。


しまお君さん、いつもありがとうございます。しまお君さんは、レシピをお持ちではないので、キッチンをご紹介させていただきます。


https://cookpad.com/kitchen/13466671




MomiMuñozさんから、拙レシピ「ひよこ豆の簡単カレー炒め」につくれぽをいただきました。ありがとうございます。


大変嬉しい感想をいただきました。シンプルなレシピですが、スパイスがいかに食材を美味しくするかという辺りのことを、うまく伝えることができているレシピなのかもしれません。とても美味しそうに調理されていて、嬉しかったです。サブジ(スパイスを使用する野菜の炒め蒸し料理)なども試されてみられたら面白いかもしれません。


MomiMuñozさんはレシピをお持ちではないので、キッチンをご紹介させていただきます。


https://cookpad.com/tsukurepo/list/4309477


つくれぽをいただいたレシピ








カレー部の方では、mari♪さんから期間内につくれぽをいただきました。レシピは、「スライスタマネギのレモン胡椒風味」です。

(部員さんのつくれぽに対するコメントは拙ごはん日記内等にて簡単に行わせていただいています)




mari♪さんのイチオシレシピのご紹介






お越しいただきまことにありがとうございます



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください