0dd27e5aa1e331d19a086e5a4ed24316?1384905564
ethnic0229の平凡にしてカレーなる日々

SOLAH SPICES TOKYO(川崎アゼリア内)

2017/10/10 20:18 趣味

川崎駅近辺に連日用事があったので、食事は何度か川崎アゼリアのレストラン街を利用した。非関東圏の方のためにいうと、川崎アゼリアとはJR川崎駅から京急川崎駅にまたがるエリアの地下に設けられた商業施設群である。


このお店が目に付いた。ネットで見た限りでは「ソーラスパイストウキョウ」という名前らしい。とりあえず入ってみることにした。



頃はお昼どきなので、メニューはランチメニュー。ソーラというと、「朝日ソーラー」とかのイメージだが、ヒンディー語らしい。詳細は直下の画像にて。


場所が場所だけにヴィジュアル重視な雰囲気。「限定」カリーも見目麗しい感じ。



こちらがランチメニュー。


普通のカレーメニュー。


タンドール料理。



こんなものを見せられると、昼から飲みたくなるが、まだ仕事があるので我慢である。


アラカルトメニュー。


デザート類。

お察しのように、デザートの類いにはあまり手を出さない。





頼んだのは、ランチメニューの中から、「キーマと豆カリーのあいがけカリーライスセット」(980円、税別・以下同じ)。



最初にサラダが。当たり障りのないコールスローっぽい味のサラダ。



こちらがあいがけカリー。このスタイルは、日本人が営むインド食堂やスパイシーカフェ等でよく見かけるそれなのかなと。でも、こういう風にインド系の店でもやることがあるんだなと。



「豆カリー」

ムングダル使用。生姜の風味が程よく感じられる。クミンシード、ほうれん草、トマトなどが入る。トマトは香味野菜的な使い方でインドっぽい。肝心のお味の方も、ダールタルカ風の素朴でマイルドな味わいで美味しい。


「キーマ」

やや大ぶりの油通しナス入り。シナモンの風味が生き、素材感、オイル感ともによい。美味。


間にちょこんと盛り付けられたじゃがいもの惣菜。特にクセがなく淡白な味わい。それほどスパイシーでもない。箸休めとしては悪くない。


2種類のカレーを混ぜて食べてもイケた。


(2日目)

ということで、悪くないなと思ったので、次の日もまたやって来た。




今回はこちら。日替りカリーセット(880円)。


この日は、「ゴーヤーとチキンのカリー」。


はみ出していない画像↓



「ゴーヤーとチキンのカリー」

オイリーで塩加減も適度。タマネギベースのグレービーがしっかりしている。ゴーヤーは適度に柔らかい。苦味もうまい具合に残っている。


ナン

ギーがしっかりめに塗ってある。本場っぽいタイプ。適度にクリスピーでもある。


ロティ

食べ放題のナンは、ナンの代わりにロティも可だったので、ナンを平らげた後にロティも頼んだ。生地は薄め。全粒粉の香りは良いが、風味がアタ粉っぽくない。全粒粉はインド産ではないかも。


ハーフライス。こちらも食べ放題設定の内。無難に日本米だった。


ということで、2日続けて川崎でインドカレーを食した。川崎辺りは、インド系の店はあることはあるが、粒が大きくはない感じなので、この辺の店で手を打って置くのが妥当なのではないかと。インドカレーは、関東ではやっぱり東京(区内)が群を抜いて凄いと思う(まぁ、この店も東京に本拠を構える店ではあるのだが)。そういう意味では、東京にアクセスしやすい場所に住んでいるのは幸せなこと。最近何かと騒がしい北辺からのアクセスもよいのは困ったことだけれど。


http://eirin-fukuju.co.jp/cobara-curry/
https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140501/14062892/dtlmap/



                   長文にお付き合いいただき、ありがとうございます

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください