0dd27e5aa1e331d19a086e5a4ed24316?1384905564
ethnic0229の平凡にしてカレーなる日々

モナの丘(下溝)

2018/03/24 18:00 趣味

JR相模線は、神奈川県相模原市緑区の橋本駅と茅ヶ崎市のJR東海道線茅ヶ崎駅を結ぶ路線で、一貫して相模川に沿って展開しているところの神奈川県内のみを走るローカルな雰囲気の路線である。その相模線の北の起点橋本から5つめに下溝という駅がある。


相模原市南部に位置するこの下溝地区は、本当に何もないといっても過言ではないくらいのどかなところなのだが、この下溝駅を最寄駅とするインド料理店で、以前から気になっていた店がある。それが今回の訪問先「モナの丘」。意を決してとあるオフの日に足を運んでみることにした。


駅からは徒歩10分ほどで、丘というくらいなので、小高い丘の上というか、駅の位置よりは多少なりとも標高の高い場所にある。簡単にいえば河岸段丘の上側に。


「モナの丘」は、同店の店名であると同時に、店舗周辺の農地をエリアとする農園の名称でもある。収穫祭等、様々なイベントも随時行われているようだ。


「モナの丘」


店舗入り口


店内に入ると、最初に野菜販売コーナーが出現する。バイオマス法で発酵させた堆肥を用いる循環型農法により栽培された農作物が店内に並んでいる。

 


何気にここでヤーコンを購入して、mayuyuキッチンさんのレシピをちゃっかり試させていただいた。




その奥がレストランスペースになっている。天井が高く、開放感がある。

(2回目来訪時のもの)



メニューはこちら。



以下、3分割拡大版。


この日はランチタイムの1番コアな時間帯に来てしまい、おかげで店内は大盛況だった。上掲の店内撮影写真の真ん中ら辺の1番厨房にせり出した位置の2人掛け席のみ空いていて、そこに腰を下ろした。


オーダーを取りに来たのは、若い女性店員で(残念ながら忙しさのためかややテンパっていたが)、厨房の中では大勢のネパール人の料理人たちがせっせと立ち働いていた。


頼んだのは、Dセット(インドセット、1,200円、税込・以下同じ)と生ビール大ジョッキ(460円)。


ここはとれたての新鮮野菜が無料で試食できる(食べ放題)。これがこの店の売り。小皿を渡されるので、それを手に野菜コーナーにいそいそと野菜を盛りに行く。







新鮮野菜はビールのアテにもなる。やっぱりこういう地場物の野菜は骨太の味で、きちんと満足感を与えてくれる。おかわりは1回のみで満足した。


そうこうしているうちにメインが運ばれて来た。今回はナンorライスはナンにしてみた。




「旬菜のカレー」

こちらは同セットには必ず付いて来る。チキン、じゃがいも、マスタードシード等入り。ナチュラル感あふれる味。じゃがいもとても美味し。



セレクトカレーの「マトン」

甘口でややクリーミー。初めての味かも。マトンは小ぶりでクセがない。若干パプリカの風味が。シナモンもちょっぴり入っている。


(左)「ほうれん草の胡麻和えとたくあん」

ほうれん草の胡麻和えは、禅寺の懐石の一品としても通用しそうな力強さ。たくあんは、ほどよく甘くてくせになりそうな美味しさ。


(中)「サラダ」

野菜が甘くて美味(ベタ過ぎるコメか…)。


(右)「タンドーリチキン&フィッシュティッカ」

タンドーリチキンは、香ばしくスパイシーでいい感じ、ビールにもきちんと合う。フィッシュティッカは、魚はカジキか。あまりスパイシーではないが美味。




ナンは、使用している小麦粉の有機っぽさが伝わって来る感じでよい風味。



ドリンクは、おかわり自由のホットコーヒーを選んだ。酸味あり。たぶんモカ。



以前から、あの辺になんか変わった雰囲気の店があるみたいだなぁ、出来れば行ってみたいなぁ、と思っていた店にようやく行くことが出来た。実際に来てみたら、やっぱり面白い店だった。

店員さんたちも、ネパール人と、地元のミドル世代の女性たちでほぼほぼ構成されていて、全体的に飾り気のない雰囲気。開放的な店内でテラス席も用意されていて、丹沢山系の山々を遠方に見やりながら食事を楽しむことも出来る。上述したように野菜の購入も可能。

食事の内容を考えれば年輩層でもどんと来いな店。ちなみにカレー以外の日替わりメニューも用意されている。

ということで適度に満足し、近々再訪することにしてこの日は店を後にしたのだった。



http://www.monanooka.com/wp/



こちらにも店舗関連情報が掲載されています。

https://www.amazon.co.jp/dp/B076Q285HB/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1




                長文にお付き合いいただき、ありがとうございます


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください